MENU

 

お腹すっきり効果が期待できる成分として大注目の「葛の花(くずのはな)」。

 

実際に試してみましたが効果は絶大。では、なぜそんなに注目されているんでしょう?

 

そもそも科学的根拠は?ということで、葛の花についてお話していきます。

 

実際に使ってみたオススメのサプリについてもお話しますね。

 

画像

葛の花は国が効果アリ!と認めた成分

葛の花、それ自体は知らなくても、古くから身近な植物なんですよ。たとえば、

  • 秋の七草
  • 葛根湯(かっこんとう)
  • 葛餅

でも、最近注目されているのは「機能性表示食品」。

 

機能性表示食品は2015年にできた制度ですね。国が管理している食品のため、国に届け出をしないといけないんです。

 

国が管理している食品というと「トクホ」が有名ですが、2つの違いを簡単にいうと、

  • トクホ:認可に時間とお金がめっちゃかかる。その分、効果は期待できる
  • 機能性表示食品:届出を出すだけでOK。効果は食品次第

トクホより緩いのが機能性表示食品、といったイメージですね。

 

こう書くと「じゃあ機能性表示食品って信用できないんじゃ?」って思われそうですが、そんなこともなく。

 

国が管理していますから、効果不十分って判断されると

  • 取り消されます

なので、効果は十分に期待できるわけなんですね。

 

ちなみに、トクホでも2016年10月に取り消しを受けた食品がありました。なんだかんだ消費者庁は頑張っているみたいです。

葛の花に期待できる効果って?

では、葛の花に期待できる効果について見てみましょう。それはずばり

  • お腹の脂肪やウェスト周囲径を減らすのを助ける

ドストレートですね。

 

厳密には葛の花ではなく葛の花に含まれる「葛の花イソフラボン」にその効果があります。

 

イソフラボンってのはポリフェノールの一種ですね。

 

では、どういうメカニズムでそんな素敵な効果が実現されるのかを見ていきましょう。

葛の花イソフラボンがもつ3つのパワー

 

葛の花イソフラボンには3つの効果があります。

  • 脂肪が作られるのをガード
  • 脂肪の分解をサポート
  • 褐色脂肪細胞の働きをサポート

予防、分解、燃焼サポートですね。

 

予防するだけでは今ある脂肪は減りません。燃焼だけでは、それを上回るスピードで脂肪がついたらどうしようもありません。

 

この3つの働きが組み合わさることで、効果的に脂肪を減らすことができるわけですね。では、それぞれについてもう少し詳しく見ていきます。

脂肪が作られるのをガード

脂肪って多くは糖分から作られます。お米やラーメンなどの炭水化物をとると、糖分が血液にドバーッと流れ込みます。

 

トクホのお茶なんかは、ここで働きます。血液に流れ込むのをゆるやかにしてくれるんですね。

 

そのあと肝臓に吸収されて、一部は蓄えられるんですが、余った糖分は脂肪になるんですね。

 

葛の花イソフラボンは、ここで活躍します。

 

糖分から脂肪が作られるのをガードしてくれるんですね。なので、余分な脂肪をつきにくくしてくれます。

脂肪の分解をサポート

体の脂肪ってほとんどが中性脂肪っていう形です。健康診断のTGでおなじみの中性脂肪ですね。

 

これって、このままではエネルギーにすることができないんです。

 

いったんバラバラにしてあげる必要があるんですね。

 

脂肪酸とグリセロールってのに分解してあげて初めて燃やすことができるようになります。

 

葛の花イソフラボンは、このバラバラに分解するのをサポートしてくれるんですね。ドライバーみたいなイメージです。

 

テレビを分解するのに、手だけで分解するのとドライバー使って分解するのとどっちが早いかって、イメージするとわかりますよね。そんな感じです。

 

ちなみに、今流行りのココナッツオイルなどに含まれる中鎖脂肪酸。

 

この子たちは分解する必要がないんですね。すぐにエネルギーになります。はじめからバラバラになっているテレビみたいなイメージですね。

 

いちいちバラす必要がないのですぐにエネルギーにして使い切ってしまえる。なので人気があるわけです。

褐色脂肪細胞の働きをサポート

体にあるほとんどの脂肪は「白色脂肪細胞」ってので出来ています。いわゆるダイエットの敵ですね。

 

対して、脂肪を燃やす脂肪ってのもありまして。それが「褐色脂肪細胞」なんですね。

 

葛の花イソフラボンは、この褐色脂肪細胞の働きをサポートしてあげる効果があります。

 

つまり、脂肪が燃えるのをサポートしてくれるわけですね。素敵な効果ですねー。

まとめ

これら3つの効果によって、脂肪を減らすサポートをしてくれるわけです。繰り返しになりますが、

  • 予防
  • 分解
  • 燃焼

3つの効果をあわせもった凄いやつなんですね。

 

どれか一つでも欠けると、脂肪が減らない・減りにくい、ということにつながります。

葛の花イソフラボンが向いてる人向いていない人

 

さて、ここまで葛の花イソフラボンの効果について見てきました。

 

なかなかに出来る子、というのはおわかり頂けたと思います。ですが、全ての人に向いている成分ってのは無いわけでして。

 

まず、葛の花イソフラボンが向いていない人は…

葛の花イソフラボンが向いていない人
  • 短期痩せをしたい人
  • 部分痩せをしたい人
  • 未成年の方
  • 妊婦さん、授乳中の方

脂肪を減らすのってやっぱり時間がかかります。なので短期痩せには向いてません。少なくとも2〜3ヵ月スパンで見る必要があります。

 

また、内臓脂肪を中心に全体的に脂肪を減らすのが葛の花イソフラボン。そのため足痩せなどの部分痩せには向きません。

 

ってなると「胸も減っちゃうの?」って思われそうですが、イソフラボンにはバストアップ効果があると言われています。

 

なので、バスト以外の全体痩せをイメージしてもらえると良いかと思います。

 

あとは、葛の花イソフラボンをサプリでとる場合ですね。

 

多くのサプリが未成年や妊婦さん・授乳中の方向けに作られていないんですね。そのため、こういった方は利用をひかえられるのが無難と言えます。

 

ここまで、葛の花イソフラボンが向いていない人についてお話してきました。

 

じゃあ、どういう人に向いてるの?なのですが、「向いていなくない人」ですね(笑)。具体的には、

  • 2〜3ヵ月以上かけてじっくりとお腹周りを中心に全体痩せをしたい方

です。こういった方には、葛の花イソフラボンが最高のパートナーになることでしょう。

葛の花イソフラボンのサプリってあるの?

葛の花イソフラボンがいくら優れているとはいえ、葛の花を食べまくるのは現実的ではないですよね。

 

そこで、実際にいくつかサプリを試してみた私が、もっとも効果を実感できたサプリを見つけましたのでご紹介しますね。

 

シボヘール

 

いろいろ使ってみましたが、もっとも効果があったのがコレですね。

  • 初回980円
  • 定期コースしばりナシ
  • 送料無料

というのもGOOD。これから葛の花はじめようかな?という方にはぴったりのサプリなのです。

 

画像

 

 

一つ言えるのは、どのサプリを使う場合でも、

  • 焦ったらダメ!

脂肪って本当にしつこいです。焦らず騒がず3ヵ月先の自分を想像しながら、気長にいきましょう。

 

忘れた頃に「あれ?なんだかズボンがゆるいなー」なんて実感してくるものですよ。

このページの先頭へ